田舎で感じる季節は、都会以上です。

  • 2010.05.02 Sunday
  • 14:54
久しぶりに、GWに帰省した。

やっぱり、春はいいね。


天気が良くて。
まだ肌寒いけど太陽はあったかくて。
春の自然の匂いがして。
まだ小さな新緑たちが風になびく音。ザワザワワ。
ホーホケキョの練習中のホトトギス。
鳥って、あんなに優雅に飛ぶんだね。

月の光は、思ってる以上に明るくて。
思ってる以上に、星がキラキラしてる。


なんだかすごく切なくなるけど、でも帰ってきてよかった。

上空から

  • 2010.01.12 Tuesday
  • 21:17

年末年始に旅行に行っていたのですが、国内線で伊丹から成田に飛んだんです。帰りも同様です。

ここでのポイントは、そう富士山。
「綺麗に見えるよ」って噂はきいてたのですが、ちょっと心動かされました。

数年前、新幹線から富士山を見て、翌年に富士山登頂。
今度は上空から見て、その偉大さ、美しさ、ゆるぎなさを感じた。

飛行機って、ものすごくまっすぐ飛ぶでしょ?
すると、けっこう長い間、ブレもせずに視界に富士山があるのです。
ものすごく綺麗だった。

行きは昼間で帰りは夕刻で暗かったのだけども、その存在感、雄大さってのは、かわらずにそこにあって。
たしかなもの、そんな感じ。
安心感。

無条件に、「大丈夫なんだね」って思える。

ということで、がんばろーっと。


これは行きなんだけど、帰りはもっと近くを飛んでた。おっきかったよ、富士さん。

日本探索

  • 2009.07.24 Friday
  • 15:03

最近また活気付いてます、わたくし。

10月のアメリカからの来客を目前(?)に、関西圏を色々調査中〜

…といっても、もっぱら食べるトコなのですが(笑)
やっぱり外人さんやし、日本を知ってほしいとか、美味しいもの食べてほしいし。

船場、堀江はやっぱり良い!
オシャレで良さ気なお店がたくさん♪

うつぼ公園付近や福島もいいんだけど、土地勘がないからイマイチ探しにくいのね。

そう、土地勘があるって、結構大事なことのようです。

…ということは、うつぼ公園に行ってみようか。
実は、たぶん、あんまり知らない。
どのへんかも知らないかも…。

いいね、行ってみよ♪



京都の川床料理の話を聞いて、色々調べてみてるんだけど、これは9月いっぱいっていう噂で…。
http://www.e-kyoto.net/topics/05yuka/


彼のおかげで、私、日本のこと詳しくなれそう。
そして行きたいところがどんどん増えてます♪

ステキなところがあったら、またここでも紹介します♪

ぐるぐる検索中

  • 2009.06.10 Wednesday
  • 17:31

やばい。

楽しくなってきた…!



何がって。ね。

秋にアメリカから知人が来るんだけども、色々プランしようと思いつつ、めんどくさくて放ってました。

そしたら、催促のメールが来た!
ごめんね。。

ということで。
今急ピッチで色々検索中。

なんか、めんどくさいし、人のこと決めるの苦手だし…
って思ってたんだけど。

なんか。

はまってきました!≧▽≦


実家の方に連れて行こうかどうか。とか。

前に行った奈良公園内のお店でご飯しよう。とか。

富士山見るのにいいスポットとか、ないかなぁ。とか。

伊勢神宮行きたいなぁ、あたしが。。。とか。


た、たのしい。。

永平寺

  • 2009.02.22 Sunday
  • 20:52

今年の選択の一つだった、家族旅行
行ってきましたョ、山中温泉

何年ぶり?何十年ぶり?え?初めて?っていくくらいの家族旅行。
思ったよりもだいぶ、楽しかった

いろいろ書きたいことはあるんだけど、とりあえず、この旅一番のことを。


それが、永平寺
たいしたことないと思ってたのですが、これまで訪れたお寺の中で、間違いなく一番です。キリン的に。

まず、その敷地の広さにビックリ。伊勢神宮とまで言わないけど、ほんっと、そのへんのお寺とおんなじもんやと思ってたので、意外に広いなぁと。



それから、修行僧にビックリ。いるとはきいてたけど…。
参拝の案内事務所みたいなとこ、みんな修行僧さんたちが受付とか、電話対応とかしてて。もちろんみなさん、坊主頭。みんなおんなじ黒の服。

写真とか、飾ってあって、広い廊下をみんなでぞうきん掛けしてる風景とか、ぜひ生で見たい…。
一休さん…。



長い階段。



雪景色も綺麗。








見どころたくさんです。お寺、興味なかったのに、もう興味津津。



何がそんなに?
って、やっぱり修行僧の存在と道元さんの言葉の力なのかな。

修行僧さんたち、みなさんとっても綺麗でした
キラキラしてたんです。
ドキッとするくらい

まぁ、若い男の人だから?(笑)
でも、ほんと内から光を放ってる感じ
熟練した人たちのオーラみたいなの、私わかんないんです。
でも、こういう若い力っていうか、キラキラは、なんとなく感じたりする
なんか、ほんっとに綺麗だった。

たくさん、いてさ、修行僧さんたち
すごいよ、この寺。ほんまに

異世界、感じました。


おっきなお寺だからさ、意識の中には、組織の重圧とか闇の部分とかも脳裏をかすめた。でも、そんなものはやっぱり見えないわけで、実際のところなんてわかんないけど、それでもそこで修行する人たちの心は綺麗なわけでさ。

なんせ、心に響きました。永平寺。

そして、道元さんにも興味持ちました。

中村勘三郎がやってる映画「禅ZEN」ってのがあるのですが、これが見たくなった

アメリカ人がやってくる。

  • 2009.01.20 Tuesday
  • 14:11

10月に、アメリカの友達が日本に遊びに来る。

友達って言っても、一回しか会ったことない。
でも、時々メールしたり、クリスマスカード送ったりして。なんか仲良し。
かれこれ、4年くらいの付き合いになるのかしら。


その彼が、初めて日本に旅行に来る。
一人で来る。
12日間。


さて、どうやってアテンドしたらいいものか…。

家族旅行

  • 2009.01.09 Friday
  • 16:34

今年の目標、着々と進めてますョ

前から行きたい行きたいといってた、家族旅行を2月に計画中。
お正月に帰省したときに、日にちと希望(結局ほとんどおまかせになっちゃいましたが…)を聞いておいたので、それで最後の詰めです。
蟹ツアーです



もう、ね、すぐ決められる人なら「パッ」と決まるんだろうけど、この私なので、もうなかなか決められないわけですヮ…。

観念して、旅行代理店に行って聞いてみることにした。


ところが…。

代理店の人たち、パンフレット販売に関しては、あんまりなんにもアドバイスくれなくて…

まぁ、私がちゃんと何が知りたいかを伝えないのがいけないのですがね。

一人で代理店に、しかも迷ってるときに行ったのは初めてで、何をゆったらいいやら、わかりませんでしたョ…。

一応ね、目をつけてた北陸の宿泊プランを予約したのですが、帰ってから、またウジウジ考え込んでしまいました。

で、結局、やっぱり違うのがいいってわがままな気分になって、別ルートで予約しなおすつもり。


もうちょっとスパッと決められたらいいんだけどなぁ…



でも、無事に旅行にいけるように…
楽しみ〜

パワースポット

  • 2008.12.15 Monday
  • 12:26

今年は、色々とパワーポイントに行く機会がありまして、念願の(?)出雲大社へ行ってきました

ええ、そうです。
縁結びで有名な、あの出雲大社です

石見銀山とか出雲大社とか、水木しげるロードとかみどころは色々あるのですが、ワタシの目的はただ一つ。
言うまでもなく
出雲大社でおまいりして縁結びのお守りをいただくこと。
頭の中、それのみ


出雲大社、平成の大遷宮とやらで、神様のおうちを修復?かなにかしてるようで、仮の宮におられました。あのしめ縄、見事ですねぇ。
お祈りして、パワーをお借りしました。

「パワーもらう」っていったら、連れてってくれた人の旦那さんに、
「パワーはもらうんじゃなくって、借りるんや」
って言われた。
なるほどね。
神様のミチカラ、お借りします

波長の合うご神木に出会ったら、触れてパワーを借りるといいって聞いてたので、小さな可愛らしいご神木さんから、パワーを借りてきました。
「そんな小さいのからパワー奪ってるヮ〜」
って、言われながら…(笑)


さて、お守り。
縁結びのお守り、3色あったんです。
基本が赤で、模様が赤、紫、緑。
あぁ。決められへん…。
とか思ったのですが。
「選択すること」の重要性を感じてる今日この頃なので、おまかせもできたのですが、決めることにしました。

はい。

最近、欲してるのが緑なので。

なんでしょうね、なんとなく、肌身離さず持っていたい感じです
大事にします。

なんか、他の人と一緒で、おしゃべりしながらだったので、なんか集中できなくて、ちゃんと御参りできたかなぁって心配でもあったんですよね。
でも、その日の晩くらいにはなんかもうね、チカラを感じるような。気の流れが変わったようなきがするわけですよ

そういう霊感、まったくなしなので、ほぼ100%自己満足の世界ですがね。
そしてそれでいいんですけどね

恋愛も結婚も、選択なんですよね。
自分がどの道を選択するか。人の選択と交わって。
ここ最近、キリンは選択できてないのでしょうね。
恋愛に限らず。
それが、今のこの状態ですよ。
もちろんそれで満足して、楽しく生きてきましたが、本当に欲しいものを手にすることは、なかったかも。

「選択する」ことの重要性を、再々認識です。

小さなことでもいいので、「選択している」意識を強く持ちたい今日この頃。


それにしても、なんだかとってもいい旅でした。


おー。
そういえば出雲大社で、縁結びのお箸まで購入してしまいました
未来の旦那様の分と自分の分で、2組
いやぁ、前からお箸が欲しかったのですが、なかなか買う機会がなかったので…。
なんだかとってもいい買い物ができてよかったです。

富士登山 【検証】

  • 2008.08.30 Saturday
  • 23:21
ということで、心も体も最高の状態で、登頂下山できたわけですが、荷物、検証します^^
あぁ、準備から終わった後まで、全部楽しいねぇ、まったく^^

・ザック(30L )→も一つ小さくてもいいかも?
・ザックカバー(45L用の借り物)→最初から最後までつけてました^^
・杖(借り物)→あってよかった。でもキリンはなくても行けたかも。
・ライト(借り物、ヘッド用ではない)→使わなかった。でもあれば便利。
・スパッツ(借り物^^;)→泥だらけになりました^^;
・タオル(2枚)→1枚でいいかも。
・雨具(風もしのげるセパレートなもの)→重宝しました^^
・防寒具(フリース、手袋、帽子、腹巻)→全部使いました。ちょうどですね。
・ホカロン(2個)→使いませんでした。カイロがいる寒さじゃないんだなぁ…。
・帽子(洗濯したらくちゃくちゃになった…)→天気次第ですね。
・帽子留め(風で飛ばないように)→帽子、つけたり取ったりしたので、これ便利でした。
・トレッキングシューズ(姉のお下がり)
・長袖シャツ(綿は避けてたんだけど、これは綿…)→湿気吸って冷たくなった。でも許容範囲内。
・軍手(帝人製の丈夫なもの☆)→岩場で使用。冷たくなるけど、汚れるから、やっぱ軍手かな。
・耳栓(山小屋で仮眠時使用予定)→使うほどではなく。
・マスク(仮眠時と下山時用)→空気薄くて使えず。
・日焼け止め→天気次第。
・酸素缶(お守り)→ほんとにお守りに^^;
・食べる酸素(お守り。でも結構頼りにしてる^^;)→二日で二人で完食^^これのおかげで高山病にもならなかったって、信じてるんですが、何か^^
・ゼリー(小3個、大1個)→小1個残った。
・水(500mlx2本)→ちょうど。小屋で350mlもらってちょうど。
・あめ
・ウェットティッシュ(コンタクト装着時等)→あってよかった。
・トイレットペーパー(半分くらいのを芯をとって)→使わなかった。
・コンタクトケース
・メガネ
・デジカメ
・携帯(softbank)→5合目では通じないんだなぁ。
・お札(財布は持って行きません)
・硬貨(100円中心に10枚くらい。トイレ用)
・ゴミ袋

下記、持っていかなかったもの。
・歯ブラシ?→確かに、いらんかった。
・着替え?→Tシャツの着替えは、人によってはあった方がいいかも。
・サングラス?→晴れてれば欲しいかな。
・予備電池?→いらないなぁ。

まぁ、荷物も準備万全で、まったく問題なしでしたね^^
さすが私^^ へへへ。

いざ、富士登山!

  • 2008.08.30 Saturday
  • 23:20
行ってまいりました、富士山!!
サンシャインツアーの3日間コースです。

5合目から、水は非常に貴重です。
トイレも50円。洗面所だけ使う?そんなことできませんし、水もちょろちょろ。気合、入れていきましょう!でも、はしゃぎすぎにご注意。

5合目から6合目まで、霧。
とっても歩きやすい気候でした。
ガイドさんのゆっくりなペースに合わせて、一歩ずつ。ゆっくりゆっくり。
高山病対策で、最初から「食べる酸素」をおやつ代わりに。
ゴールド興産株式会社が製造している「食べる酸素 ペレットタイプ」840円です。(まわしもんではありません^^;)

これ↓、6合目のトイレ。
結果的に、ここのトイレが一番臭ったし汚かった。

トイレットペーパーは一応あります。50円。
この休憩で、さっそく小さなおにぎり食べました。荷物になるしね。チョコ食べたり。結構、体が欲します^^
水分は、霧のせいかそんなに欲しくならず。でも高山病対策で、ちゃんと少しずつ飲むようにしました。

7合目についてからかな。
岩場も出てきました。

ワクワク♪

この辺からかな?
時々晴れ間!雲が晴れると、「わぁ」って歓声が上がるんです^^ だって、そこまで霧と雲で何にも見えんかったし^^;


雲と追っかけっこ。


もうひたすら登る登る。
でも、キリンも連れもいたって元気。高山病のかけらもでません。「食べる酸素」のおかげ?

7合目前の花屋敷から、トイレが100円になってた気がする。でも、広くて比較的綺麗だった気がする。あ、「トイレの後に手を洗おう」なんて期待はあんまりしないで…。

7合目から8合目の岩場かな。

しんどそう?^^
でもゆっくり登るから、ほんと意外と平気です。
酸素は食べ続けましたが^^;

そしてついに、雲の上に!

ずいぶん遠くまできたもんだね。
ちょっと感動。
もう涼しいです。日焼け防止も兼ねて、長そでで。このへんからは、かなり写真とりまくりです^^ おんなじような写真ばっかりさ…^^; それもこれも、体に余裕があったからできたことだけど。

このツアー、基本的に8合目の白雲荘で仮眠するんですね。
でも、この日は白雲荘がいっぱいで、も一つ上の富士山ホテルまで行くことに。
これが吉と出るか、凶と出るか…。
こちら、8合目白雲荘前。


ここまで来ても、高山病はほぼなし!ちょっと頭痛がしなくもないかな?って感じることはあったので、水分補給を多めに。ちなみに、アクエリアス。

雲。チョーキレイ。


もうひたすら歩くだけやから、時々この景色を見て、なんか、ものすごく幸せな感じがしたり。懐かしい感じがした。

そうこうしてるうちに、富士山ホテルに到着。
遠かった!何度も休憩しながら、ゆっくりゆっくり。6時間くらいかな。正直、めっちゃ元気でした^^; な、なんで…?って思うくらい。
富士山ホテルという名の山小屋について、すぐにごはん。
こちら!

はい、もちろん定番カレーです!水つき!これが超嬉しいっ。このへんだと、水はもう500ml500円くらいです。
カレーもおいしかった。空腹やしかな。量もいいくらいだったと思います。男性には足りないのかなぁ。

それから、寝床に案内され。
寝袋です。2段になってて、確かにスペース的には一つのふとんに二人で入るくらいのスペース。でも寝袋は嬉しい。自分のスペース、作れるし。
外はもう暗くなり。
トイレに行くと、おぉーー寒いっ!!
フリース必須です。
トイレ100円。手洗いの水は断水中でなし。でも、このトイレはほんとまぁまぁ綺麗。(山のわりにはってこと)
山頂へは、2時AM出発。

おやすみなさい。



深夜12:00。
暑くて起きた。
寝袋から抜け出て、またおやすみなさい。
小屋の外は、すでに山頂に向かう人?早いなぁ。

深夜12:30。
なぜか起きた^^
トイレに行くことに。

外は寒い〜。
そして、曇ってるよ…。星も見えない…。
そして、トイレに行くだけで、息切れが…。やっぱり空気薄いんだな。

寝床に戻っても眠れない…。
しかも、今頃頭痛が…。あせって水のみました。
そのまま少し横になって。

頭痛も治ってきたので、そのまま起床。
それにしても、のどが渇くし痛い…。乾燥してる?

2時AM。
真っ暗な中、いざ山頂へ!
登山道はすでにいっぱい渋滞中。。ってことで、下山道を登ることに。しんどい人は、このへんがとってもしんどい。起きたてやし。暗いし。寒いし。
でも、なぜかキリンはたいへん元気で。。。申し訳ないくらい元気でした^^;

雲りで☆も見えず。おぼろ月が見えたり隠れたり。
でも、ふととなりを見ると、登山道を埋め尽くす一本の光の列!!!
これが超綺麗。
警備員さんの持つ、点滅するライトがところどころに、あとは普通のライト。きれいに一本につらなって。みんながこの山の山頂を目指してるんです。
お祭りみたい。
でも音はないから、めっちゃ荘厳。
夜景は見られなかったけど、この光景はとっても素敵。たぶん、キリンはこの景色がいちばん心に響いた。


さて、山頂。

めっちゃ寒いよぉ〜。
もう、風が半端ない。強風です。そして小雨。
笠曇りってことで、ご来光は見えないことが確実でした。残念。
山頂は寒くて、人いっぱい。のイメージのみ^^;
トイレもめっちゃ混んでたからあきらめました。


いざ、下山。
そう、もう下山なんです。
8合目まで行けば、ご来光も見えるかもってことで、急いで下ったのですが、時すでに遅し…。
太陽は雲の上です。


でも、綺麗やった。

そこから、いっきに下山です。
下山道は登山道とは別なので、山小屋もなくひたすら下るのみ。
下山道の7合目のトイレは非常に混んでるんです。タイミング的に、みなさんそのへんでいきたくなるんでしょうね。
めっちゃならんでるし、できれば6合目まで我慢した方がいい、とガイドさんに言われてたので、がんばりました。。。

あ、こちら、ガイドさん。
隠し撮り^^

雰囲気的には、とっても海が似合いそうでした^^

下り、ほんっと足がしんどいです。
これは個々人、下り方によって痛みも違ってくるようです。キリンは前ふともも、足の付け根。。。



そう、こうしてキリン富士登山は無事に終わりました。
高山病にもならず、体力的にも十分余裕で登れたこと、ほんとに感謝ですね。
ご来光が見られなかったことはちょっと悔しいので、また機会があれば登りたい。一生に一度の富士登山?なんて言わず、何度でも登りたい。

あ、そうそう。
ごみ。

登りはそれほど気にならなかったけど、下りはひどい。頂上での強風と、装備が増えることで落としちゃうんですね。飴の袋。たばこ。ペットボトル。カイロ。
確かにあの強風では仕方ない。
でも、キリン、今度登るときは、下りはゴミ拾いしながら下りたい。


富士山は、綺麗な山でした。
そして、綺麗な富士山を汚すような人に登る資格はないと思ってます。山に水を期待する人も、もっと知ってほしい。山には水がないってこと。
知識もなしで登るのは、危険だってことも知ってほしい。
で、ぜひ富士山に登ってみてほしい^^ 
素敵な体験になると思います。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

遊びに行きたい

オススメアイテム

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM