『詩羽のいる街』

2009.03.16 Monday 11:13
0
    評価:
    山本 弘
    角川グループパブリッシング
    ¥ 1,890
    (2008-09-25)

    山本さんの本を読んで(『MM9』)、ライトノベル的なSFを書く人、という印象を持っていた。

    この本はオススメされて読んでみたけど、なるほど、たしかにSFチック、ライト、若い軽いって印象派残る。
    ワタシはもっと正統派文学が好きなので、こういう本は「面白い」以上でも以下でもないってことが多い。

    でも、この本は少し違う。


    確かに軽いし、めっちゃマニアックやし、アニメオタクが好きそうなアニメを小説化した感じでもある。

    でも、ものすごいことが書かれてた気がする。

    というか、ものすごく共感してしまったのね、「戦まほ」に。


    確かに、詩羽のポリシーとか生き方もすばらしいし、それだけで、どっかの自己啓発本に書いてあるようなことをサラっと言ってたりやってたりする。それもすごい。

    でも、それ以上にやっぱり「戦まほ」にやられてしまいました。
    ワタシがよく妄想しちゃうことが書かれてた…。
    ちなみに、「戦まほ」は作品中に出てくる漫画です。


    人の優しさとか、平和を願う心とか、人のため、っていう気持ちはさ、一歩間違うと、すべてを破壊したくなる感情と結びつく。
    「…ん?」
    って思うかもしれないけど。
    ぶちゅ。
    ってさ。。
    ポトフってさ。。。

    『深い河』を読んだときのような重いなんとも言いがたい感情にまではならない。
    でも、やっぱり心にぐっとくる。
    ワタシは、将来地球はこれに近い形になるのではないかと思えてしまえてどうにもならない。


    でもね、ぜんぜん暗くはないんだな。
    ワタシは勝手に悲壮感漂わせてしまってるけど、ぜんぜん明るくて、元気になって、ポジティブになれるお話だと思う。



    やっぱり偏見はいけませんね。
    ライトノベルだからって、避ける意味はありませんね。

    27冊目♪

    category:本♪ | by:キリンcomments(0) | -

    スポンサーサイト

    2019.09.11 Wednesday 11:13
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | -
      Comment








         

      PR
      Calender
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>
      キリンのオススメ本♪
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      Recent trackback
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM