『夜は短し歩けよ乙女』

2009.03.28 Saturday 22:52
0
    評価:
    森見 登美彦
    角川書店
    ¥ 1,575
    (2006-11-29)

    文庫になる前から目をつけてて、このたび再び勧められてようやく図書館で借りられました。

    女の子が好きそうな、胸キュンの小説とかマンガってたぁぁっくさんある。
    でも、男の子が胸キュンするのって、あんまりないのでは?って思ってた。

    これがさまにそれだと思う。

    男性諸君、これぞ胸キュンものです(笑)



    女のあたし(でもちょっと浮世離れした感性の女)から見ると、それほど胸キュンではなかった。
    でも、世の評価はいたって上上。

    若い男の子の評価が高い気がする。



    でも、たしかに黒髪の乙女には魅かれます。
    真似したくなる。
    かわいい。


    わたしも緋鯉かついで歩いてみる??


    この作家さん、面白い。
    というか他に類を見ないタイプ。
    使われる言葉も好き。
    かなり。

    しかもオントシ29歳のおにいさんではありませんかっ。
    むむぅ。


    30冊目♪

    category:本♪ | by:キリンcomments(0) | -

    スポンサーサイト

    2019.11.19 Tuesday 22:52
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | -
      Comment








         

      PR
      Calender
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>
      キリンのオススメ本♪
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      Recent trackback
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM