ダンス・ダンス・ダンス

  • 2007.12.09 Sunday
  • 09:50
JUGEMテーマ:小説/詩

間違いのない小説が読みたくて、選んだのは、村上春樹だった。
うん、確かに、間違いなかった。おもしろかったです。

キリンは、羊をめぐるシリーズは読んでないんです。順番間違いましたね。でも、それでも、まったく問題なくて。ただ、確実に羊の3部作も読むでしょうね。やっぱりキリンは、村上さんの昔の作品の方が好きかもですね。非常に好きです。ストーリーよりも表現が。最近の作品になるにつれて、キリンの頭では理解しがたくなってきてるので、やっぱり昔のモノがよい。
それでも、非常に高度な小説だと感じる。読むたびに、理解できる部分が増えていたりするような気がする。とっても読みがいがある。

「暗示の暗示性」とか。とてもおもしろい。(大人になると、暗示的ななにかを感じても、それが現実の形をとるまで待つようになる、ということ)
人はとっても脆いものだから、人が死んで後悔しないように、できるだ公平に誠実に人と接するべきだ、とかね。
ボーイフレンドには嫉妬しないけど、スイミングスクールに嫉妬するとことか。
非常に、完全に死んでいるって表現とか。

とにかき、とても面白かったです。特に細かい部分が。
すごいなぁ、村上さん。
そう、これを読みながら、生と死について考えたんです。生と死、静と動、光と陰、太陽と月…そんなものを感じるんですね。とても心地よく。村上さんのそういう構造、とても好きです。

104冊目♪
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

遊びに行きたい

オススメアイテム

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM