自分自身と向き合うために。

  • 2013.04.07 Sunday
  • 21:13
だからさ、嫌なこと考えて、嫌な感情でいるんじゃなくて。
嬉しいこと考えてたらいいやん。
彼はなにもモノをくれなかったけど、旅行に連れてってくれたし。
大切な友達がモノをくれるんなら、私はとっても恵まれてて幸せ。


電話のママの声は、とても嬉しそうで、なんか、嬉しかった。
パパは大変だけど、大丈夫。

神様、あなたが愛してくれて、私の幸せを知っててくれるから、私はこんなに幸せ感じられるようになりました。

ほんとに、ありがとう。


こうやって、執着も消えていく。
私にとっては、とってもいいこと。

もう少しで、安定するね。
もう少し、心乱されて自分自身と向き合えばいいんだね、きっと。

ありがとう。

モノ

  • 2013.04.07 Sunday
  • 20:39
お金、恋愛パラダイムだと思ってたけど、ちょっとはっきりしてきた!


私、やっぱりさみしかったんだ。
モノは、離れてる時間にその人を思い出させてくれる。
私を強くしてくれる。
そういうものが、ほしかったんだ、私。

だから、たかちゃんが指輪くれるっていったのがすごく嬉しかったし、家族からもらった指輪が、とっても大切だし。


ものに頼ってる?

それも大切。
でも、いつか、それを越えられるときがくることを、私は知ってる。

今は、まだそのときじゃないんだな。

お金!恋愛!パラダイム!

  • 2013.04.07 Sunday
  • 20:01
自分の中のお金パラダイムと格闘中。
および、恋愛パラダイム、男性に求めるもので格闘中。


心がキュンってなった。
さみしいってね。
自分を大切にしてって、誰かが言ってるみたいで。
パラダイムが原因なんだけど、でもやっぱり、お金を使うことがなかなか難しい。
特に恋愛において。


この壁、越えられなかったら、私は彼と一緒にいられないなー。


少し、私らしく、私のペースで、進めてみよう。

じゃないと、もたないね。

『運命の人と出会う日までにしておく大切なこと』

  • 2013.03.24 Sunday
  • 22:15
感情だけの時期を過ぎたら、恋愛の第二ステージに入る。

そこで考えること。

1 どうしてこの人じゃなきゃいけないの?

2 私は何を求めているんだろう?

3 なぜ彼とだったら、私が願っているものに近づく可能性があるんだろう?

4 なぜ彼は自分を選んだんだろう?

5 彼は、私が自分の願いを捨てるだけの価値がある人?


よく考えてみて。

今の感情は今だけのもの。

  • 2013.03.12 Tuesday
  • 07:59
どんなに考えても、今感じることは今の感情でしかない。
今、吐き出せないのなら、考える意味はない。
それなら、もっと清々しいことを考えた方がいい。


伝えるときに、感じていることを、伝えればいいから。

心を開いて

  • 2013.03.12 Tuesday
  • 07:37
傷つかないために、心に蓋をしてしまわないで。

辛いことも、ショックなことも、全部感じて。感じきって。

心がまた開いてきたときに、進むべき道が見えるはずだから。

諦めないで、自分のこと。
妥協しないで。

ちゃんと、自分で決めて。

ちゃんと、自分で決断して。

今の私なら、もうできるはず。


そして、ちゃんと向き合うことを忘れないで。

振り返り。

  • 2013.02.24 Sunday
  • 01:26
友達が、私の恋愛に「待った!」をかけてくれた。

今一度、自分と向き合う瞬間をくれた。

私がほんとに求めてることを、再度考える機会。
いいの?って。

大切なことを考える。
忘れない。
執着しない。

さみしいときもある。
思い通りにいかないときの方が多い。
いいの?って。

まだわからない。

だから、彼くれた問いを、持ち続ける。

ほんとに決断できるまで。

ありがとう。

今日会えてよかったよ。

気持ちに蓋をする

  • 2013.02.18 Monday
  • 19:07
恋愛って、ほんとにいろんな感情をくれる。

今まで、恋愛がうまくいかなかったのって、やっぱり結局、自分の気持ちを維持できなかったからなんだと思う。

好きの気持ちを、なかなか維持できない。

理由はいろいろある。
私に原因があるときもあるし、相手にあるときもある。


やっぱり、しんどいの嫌やしな。

どんと構えて、自分のやりたいこと、やろうよ。
結局、最後はそこだから。

イライラしたり、メールを待ってみたり、こころいためてないで、微笑んでいよう。

ただ、生きているだけで

  • 2013.02.16 Saturday
  • 10:34
彼の父親は、55歳で他界している。
理由は聞いていないけど。

昨日から、余命1ヶ月の花嫁を読み始めた。
彼女は24歳で癌になった。彼女の母親もまた、癌で亡くなっていた。

その箇所を読んだとき、彼のことが頭に浮かんだ。
もし、そういう遺伝子を持っていたら?

彼に会いたくなった。
一瞬でも、長く心一緒にいたいって思った。
嫌な感情や、不安や、心配や、不信や、自分の思い通りにしたいという感情はすべて、飛んで行った。
ただ、生きていて欲しい。
心寄り添って、前を向いて一緒に歩いて行きたい。
ただ、そう思った。



あー。
ここに書いちゃうとね、もう伝えないと気が済まなくなるんだ。。

ゆっくり。

  • 2013.01.31 Thursday
  • 21:50
過去のブログを読んでて、なんだか自分が恥ずかしくなってくるね。

自分で決めて、でもやっぱり違って、またはじめから。
何度も同じこと繰り返してた。

だいたい、決める。のが早すぎるんだよね。
まだわかんないやん。
だから、今の気持ちを大切にして、もし、もう一歩進みたいって思うようになったら、また一つ近づけばいい。
ゆっくりでいい。

わかるよ。
スピード、ほしいんだもんね。
でも。
すぐに気づくでしょ?
あ、これまだ早かったって。

だから、自分と、相手と、対話しながら、ゆっくり進もうよ。
お互いのペースと時間を大切にしながら。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

遊びに行きたい

オススメアイテム

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM